ニュースNEWS

【更新】「最強のマネージャー」プレイ日記 3~4日目

皆様こんにちは!「モバサカUFC」ディレクターの山本です。
 
さて、本日も新イベント「最強のマネージャー」につきまして、僕が実際にプレイした内容をもとに、皆様にも「最強のマネージャー」の遊び方やポイント等をお伝えしていくプレイ日記をお届けしたいと思います!シーズンを通して毎日公開していきますので、少しでも「最強のマネージャー」の楽しさが伝わりましたら幸いです。
 

■「最強のマネージャー」について
 
「最強のマネージャー」は、全員が同じ条件でスタートしてチーム育成を行い、試合結果に応じて得られるポイントでランキングを競い合うイベントです。1日5試合を6日間にかけて戦い、全30試合を戦った時点のランキングによって報酬を得られます。
 

 
試合後にもらえるクラブ資金を活用し、選手の育成や獲得を行っていくため、フォーメーションの選択や選手の配置、戦術設定が重要になります。全てのマネージャーが、限られたクラブ資金をやりくりしながらチーム強化を行っていくため、同ラウンドでのチーム同士は、数値的なチームの戦力差は出にくいです。このため数値には見えにくい、スキルの組み合わせや選手の配置の仕方といった戦術的な部分によって、勝敗が左右されることになります。
 
また、試合はオートで進行するため、操作が勝敗に影響することもありません。
勝敗を分けるのは、チームをどのように組み立てるかというマネージャーとしての力量になりますので、最強のマネージャーを目指して戦術構築を楽しんでみてください!
 
 
本日は3日目、4日目と2日分のプレイレポートをお届けします!
初日は2勝1分2敗、2日目は3勝2分と少しずつチーム構築が進んでいる我がチームですが、3日目、4日目の結果は如何に?できれば4勝は目指したいです!
 
【やまDの「最強のマネージャー」プレイ日記 3日目】
 

■第11ラウンド

 
前節ではエースのピナモンティが相手チームのキーパーに止められてしまった反省を生かし、ピナモンティをトレーニングで強化。相手のキーパーも強化されてくるので、得点源の強化は欠かせませんね。あわせてピンポイントパスでアシストを担うストロートマンも強化。得点パターンの精度を上げる狙いです。
 

 
試合では強化の狙いがピタリとハマり、ピナモンティが圧巻の4ゴール!ストロートマンとの連携が冴えわたりました。やはり得点パターンに関わる選手を重点的に強化すると良いですね。2ゴールを喫した守備はザル感ありますが、攻撃重視の姿勢で3日目の初戦は4-2の勝利でした!

 
・第11ラウンド結果:4-2(勝利)
 

 
■第12ラウンド
 
ここでは、これまでコマンダーでのバフ役だったグンバウに変え、ダニエル・パレホを移籍市場より獲得。チームリーダーのバフも持っているため、バフ役として期待が持てます。さらにピンポイントパスのスキルも持っているため、ピナモンティへの配球役としても使えます!新戦力の獲得に伴って、フォーメーションも変えてみました。中盤の底にいるダニエル・パレホにボールを集め、コマンダー発動からピンポイントパス、もしくはストロートマンからのピンポイントパスを狙います。相手フォーワードも強化されてきているので、守護神のシュテーゲンも強化しました。

 

 

この試合ではさっそくパレホが活躍!中盤の底でコマンダーを発動し、ピンポイントパスでもアシストを量産!ピナモンティのゴールを演出してくれました。ダニエル・パレホ、今後チームの軸になりそうな予感。この試合でもピナモンティが4ゴールと爆発し、2失点を喫しながらも攻め勝てた試合となりました!

 
・第12ラウンド結果:4-2(勝利)

 

 

■第13ラウンド
 
前節で新フォーメーションも機能したため既存選手を強化。まずはエースのピナモンティを強化して得点力を高めます。センターバック陣の守備か脆いため、守備力強化のために2人セットで強化です。ラノッキアは全消しブロックが解放されるので、相手の決定力を削ぐのに期待です。

 

 
13ラウンドでは、ダニエル・パレホにボールを集めるも、コマンダーからピンポイントパスへの発動がうまくいかず攻撃が停滞。1列前に出した方がよいかも?守備強化の甲斐もあって大量失点は避けられましたが、攻撃がうまく機能せず1-1のドローという結果に。

 
・第13ラウンド結果:1-1(ドロー)
 

 
■第14ラウンド
 

前節で攻撃が停滞したため、フォーメーションの見直しを行うことに。低い位置だとイスコの良さが出ないこと、パレホを少し前めに配置したいことからこちらのフォーメーションに変更。中盤の連携が不安定だったため、アシスト役のストロートマン、中盤のフィルター役であるカゼミーロを強化。また、全消しブロックを解放して決定力を削ぐため、ストーンズも強化です。

 

 
苦しまぎれのフォーメーション変更でしたが、完全に裏目に出てしまいました・・・守備では相手に突破されまくりの3失点、攻撃でもパレホがコマンダーをうまく発動できずに1得点のみ。イスコは正確無比を発動してくれるものの、強化が甘いフンテラールが決めきれず・・・これは再度チーム構成の見直しが必要です。
 

・第14ラウンド結果:1-3(敗北)
 

 
■第15ラウンド
 
いよいよ3日目の最終ラウンド。勝って悪い流れを断ち切りたいところです。
移籍事情から待望のCKマスター持ちであるディ・マリアを獲得。これまでコーナーキックから得点の匂いがしなかったので期待大です。ディ・マリアを活かすため、決定力不足のフンテラールを外し4-3-3を選択。チーム戦術的にチャンスへの関与が少ないイスコをサイドに配置し、永久機関のバフ役となってもらいます。また、アンカーにカゼミーロを配置して中盤の守備を託すとともに、ダニエル・パレホを中盤インサイドに配置。コマンダーとピンポイントパスを1人でこなしてもらう狙いです。果たして効果は!?

 

 
結論から言うと、システム変更は大成功でした!ダニエル・パレホとストロートマンを並べたことで、ピンポイントパスの出しどころが増え、ピナモンティが芸術ボレーでゴールを奪うパターンが確立。2人のパスから2ゴールが生まれました。ディ・マリアも期待通りにコーナーキックで脅威となり、直接ゴールも決めてくれました!

やっと形が見えた3日目最終戦、これは4日目に期待が持てます!

 
・第15ラウンド結果:3-0(勝利)
 

 
3日目の結果は3勝1分1敗と、昨日より苦戦しましたが、戦力と戦術が整ったことにより、4日目に期待がもてそうです!。
 
それでは4日目も5勝を目指してがんばります!
 


 
 
【やまDの「最強のマネージャー」プレイ日記 4日目】
 

■第16ラウンド

 
前節では新フォーメーションが機能し、ようやく戦い方が見えてきました!中盤のトライアングル強化がチャンスメークに繋がると考え、ダニエル・パレホ、ストロートマン、カゼミーロの3人を強化。ピンポイントパスの強化と、中盤のフィルター機能アップに期待です。
 

 
コマンダーでのバフ役にディフェンスラインからボールが集まる設定にしていますが、これが非常に効いています。パレホがコマンダーを発動させ、そのままピンポイントパス、もしくはストロートマンにはたいて、そこからピンポイントパスという攻撃が機能。エースのピナモンティが芸術ボレーで決めてくれる展開で3ゴールを奪取!まずは1勝目!

 
・第16ラウンド結果:3-1(勝利)
 

 
■第17ラウンド
 
攻撃のパターンが機能しているので、決定力アップのためピナモンティを強化。中央の守りを固めるため、センターバック2枚も強化しています。戦い方の軸が見えてきたら、プレイ関与が多い選手を強化するのが良いですが、試合を観戦してチームの動きを確認すると色々見えてきます。

 

 

この試合でも、確率した戦術が機能!ディフェンスラインからボールを受けたダニエル・パレホがバフをかけ、そのままピンポイントパスの流れが冴えます!パレホが下がりすぎた場合でもストロートマンがピンポイントパスでアシストしてくれるので、戦術がハマってる感あります。チャンスは強化したピナモンティが決めてくれ、この試合も4ゴールの活躍!大量ゴールでの勝利でした!2連勝!

 
・第17ラウンド結果:5-2(勝利)

 

 

■第18ラウンド
 
チームが機能しているので、構成は変えずに要所を強化。シュテーゲンを強化しゴールに鍵をかけるとともに、チームリーダーのバフ、コマンダーのバフ、ピンポイントパスのアシストと1人3役の大活躍を見せる戦術のキーマンであるダニエル・パレホを強化です。

 

 
この試合でもダニエル・パレホのコマンダーからピンポイントパスの流れが炸裂!もちろんエースのピナモンティが芸術ボレーで確実に決めるパターンでゴールを量産。2失点は喫しましたが、全4ゴールをピナモンティが決め攻め勝つ展開でした!3連勝!

 
・第18ラウンド結果:4-2(勝利)
 

 
■第19ラウンド
 

連勝が続いているため、今回もチームはいじらず要所を強化です。相手もストライカーとキーパーの強化が予想されるため、シュテーゲンとピナモンティを強化し、攻守の要点を強化しました。

 

 
この試合でも、中盤の要であるダニエル・パレホが大活躍!攻撃のコンビネーションとしてはダニエル・パレホ&ストロートマンからピナモンティへの設定をしていますが、センターバック2枚とボランチからはダニエル・パレホにボールを集める設定です。これでダニエル・パレホにボールが集まりやすくなり、ピナモンティにもボールが集まります。今回もこのパターンが決まり、ピナモンティのハットトリックで勝利!4連勝!
 

・第19ラウンド結果:3-1(勝利)
 

 
■第20ラウンド
 
今回もチームはいじらず、機能している部分を強化します。ダニエル・パレホとストロートマンのピンポイントパスコンビを強化し、アシスト力を強化します。ダニエル・パレホを強化するとバフ効果もアップするので、チーム全体の強化にもなります。

 

 
この試合でもパレホにボールを集めて、コマンダー発動からそのままピンポイントパスの流れが機能!ダニエル・パレホは完全にチーム戦術の核となっています。この試合でもハットトリックを達成したピナモンティへ3アシスト!3-0の勝利でついに4日目は5連勝です!これはうれしい!

 
・第20ラウンド結果:3-0(勝利)
 

 
戦術が確立され機能し5連勝した4日目、ランクも43位までアップしました!
5日目もこの調子で勝利を目指していきます!
 

 
引き続き、モバサカUFCをよろしくお願いいたします!

 
 
 

———————  【過去日記】  ———————
 
【やまもとDの「最強のマネージャー」プレイ日記 2日目】
 
■第6ラウンド

 
前節で相手チームのシュテーゲンに神降臨でボレーシュートを止められた教訓を生かし、うちのシュテーゲンをまずはS-まで強化。神降臨でのボレーシュート対策を強化します。
さらに、バフ役、配給役のグンバウとストロートマンを強化し、確実にフォワードにボールが届くように調整してみました。

シュテーゲンを強化した甲斐あって、神降臨で相手のボレーをかなり防いでくれるように!うちのシュテーゲンに神が降臨した!ボレーへの反応は良くなったのですが、争奪キングからフンテラールにゴールを奪われ失点。こちらもフンテラールが1点を取り返し、2日目の初戦はドローの結果に。クラブ資金の関係で強化したいポイントは限られるので、どこを強化したらどういう効果が出るかイメージすることが重要です。今回はドローでしたが、シュテーゲンの強化により、狙い通り芸術ボレーに対する守備はかなり強化されました。

 
・第6ラウンド結果:1-1(ドロー)
 

 
■第7ラウンド
 
第7ラウンドに向けては、さらに芸術ボレー対策として、カテナチオを持つラノッキアを移籍で獲得。ロングパスの対策を行います。クリステンセンの警醒は必要なので、かなり空気となっていたカルスドルプを外し、クリステンセンをサイドに配置します。また、セットプレーが弱かったため、FKマスターを持つイスコを獲得してトップ下に配置。正確無比からフンテラールの争奪キングも狙います。なかなかスラッガー発動してくれないロフタス・チークは一列ポジションを下げてみました。

 

 

この試合では、狙い通りにグンバオのコマンダー⇒ストロートマンのピンポイントパス⇒ピナモンティの芸術ボレーの流れがハマり、ピナモンティはハットトリックを達成!シュテーゲンも神降臨でゴールを死守し、戦術がうまく機能した納得の試合となりました!
 
・第7ラウンド結果:3-0(勝利)

 

 

■第8ラウンド
 
快勝の勢いに乗りたい第8ラウンドは、チームリーダーで全体にバフ効果を持つメデルを移籍市場から獲得。スラッガーが機能しないロフタス・チークに変えて中盤インサイドに配置し、曲者の動きで中盤のフィルター機能を強化します。そしてチームのエースであるピナモンティを強化し、得点力アップを狙います。守備力アップのため、ストーンズも強化してみました。

 

 
第8ラウンドも前回と同様、ピンポイントパスからのピナンモンティの芸術ボレーが炸裂!この試合でもハットトリックを達成し、完全にチームのエースとして機能しています。また、チームリーダーのバフ効果か、全体的に動きが良くなった感じがありましたね。フンテラールも1ゴールを決め、メデル加入効果もあってディフェンスも機能。前節以上の4-0という快勝でした!2連勝!

 
・第8ラウンド結果:4-0(勝利)
 

 
■第9ラウンド
 

警醒を持つカゼミーロを獲得したため、警醒用にスタメン入りしていたクリステンセンを外しました。右サイドにメデルをスライドして曲者の動きでドリブラー対策、中盤インサイドに入ったカゼミーロの剃刀タックルでボール奪取を狙います。イスコはS-で発動の永久機関がほしいので、いったんA+まで育てておきます。
 

 
この試合でもエースのピナモンティがハットトリック!これで3試合連続のハットトリックと、ピンポイントパスから芸術ボレーのコンボが効いています!新加入のカゼミーロも中盤でのボール奪取など存在感を発揮。見事3連勝です!
 

・第9ラウンド結果:3-0(勝利)
 

 
■第10ラウンド
 
いよいよ2日目の最終ラウンド。3連勝の勢いで勝って終わりたい!
ここでは新たな選手の獲得は行わず、イスコをS-まで育成し、永久機関をオープンしてバフでのチーム強化を狙います。また、エースへの配給役であるストロートマンを強化して、アシスト面を強化。ストーンズも強化して守備面の強化も行います。
 

 
狙い通りにストロートマンがピンポイントパスが連発し、ピナモンティが芸術ボレーが放つも、相手のシュテーゲンが神降臨で全てシャットアウト。結果、両者スコアレスドローとなりました。こちらも守備面は機能していたので、失点は防げましたが、相手キーパーも強くなっている分、得点役の強化が必要でした。

 
・第5ラウンド結果:0-0(ドロー)
 

 
2日目の結果は3勝2分と、昨日より良い結果となりました!5連勝はできませんでしたが、1敗もしなったのは、2敗を喫した初日から大きな成果だと思います。
 
それでは3日目も5勝を目指してがんばります!
 
 
 
【やまもとDの「最強のマネージャー」プレイ日記 1日目】
 
■第1ラウンド

 
試合が始まって感じたこととして、普段使っているチームに比べ両チームともにスキルの発動が少なく、なかなか決定的なチャンスが作れませんね。試合の操作もできないため、改めて戦術設定の重要性を感じました。両チームともに得点が奪えない展開でしたが、狙い通りにストロートマンのピンポイントパスから芸術ボレーでゴーーール!貴重な1点を守りきり、初戦は1-0の勝利でした。これは幸先いい!
 
・第1ラウンド結果:1-0(勝利)
 

 
■第2ラウンド
 
第2ラウンドに向けては、フォーメーションの変更は行わず、キーパーのシュテーゲンとフンテラールを強化。フォーワードとキーパーは得点と失点に直結する重要なポジションですので、重点的に強化します。
 
第2ラウンドの試合ですが、この試合はうまく戦術がかみ合いませんでした。こちらの攻撃パターンがかみ合わず、前線にボールを供給できず、逆にエル・ハダディのダイビングからのPKで2ゴールを奪われ敗北。スキル的にも中央の守備が弱かった・・・
 
・第2ラウンド結果:0-2(敗北)
 

 
■第3ラウンド
 
2連敗は避けたい第3ラウンド、コマンダーを所持するグンバウを移籍市場より獲得。味方の全体能力を上げるバフは重要なため、アンカーのポジションに配置してボールを集め、コマンダーの発動を狙います。戦術設定のコンビネーションで、ディフェンスラインからはグンバウにボールを集めることにしました。コマンダーでバフをかけた後は、ストロートマンにつないでピンポイントパスを狙うコンビネーション設定です。後は残りの資金で2トップの二人をトレーニングし、決定力アップを狙います。
 

 
第3ラウンドの試合では、狙い通りにグンバウにボールが集まりコマンダー発動!前半だけでピンポイントパスから2ゴールが生まれ、これは勝利の予感!が、守備のバランスが悪く後半に追いつかれドロー・・・やはり守備も意識を割かないと安定した勝利は難しいですね。
 
・第3ラウンド結果:2-2(ドロー)
 

 
■第4ラウンド
 

アダム・ララーナがあまり効いていない点と、ミリンコビッチ・サビッチがほぼ空気なことを踏まえ、中盤のテコ入れを実施。得点パターンを増やすため、ロフタス・チークを獲得してトップ下に配置し、スラッガーからの得点を狙います。また、生命線のピンポイントパスの強化、守備強化の為にストロートマンとシュテーゲンの強化を実施。次こそ勝利を!
 

 
前半早々ピョンテクに直接フリーキックを決められる苦しい展開ながらも、前半だけでコマンダー⇒ピンポイントパス⇒ボレーでゴールの流れで逆転に成功!後半も同じパターンで追加点を奪い、1点を返されるも逃げ切りに成功!コマンダーのバフ、やはり重要ですね。
 
・第4ラウンド結果:3-2(勝利)
 

 
■第5ラウンド
 
いよいよ初日の最終ラウンド。ここは勝って終わりたいところ。ここでは新たな選手の獲得は行わず、守備強化でシュテーゲンの強化と、今やチームの得点源であるピナモンティを強化。頼むぞピナモンティ!
 

 
狙い通りにコマンダー⇒ピンポイントパス⇒芸術ボレーの流れでゴールを狙うも、相手のシュテーゲンが神降臨でことごとくストップ。逆に一瞬の隙をつかれ失点し、最終節は敗北の結果に・・・芸術ボレーからのゴールを狙うチームが多い中、神降臨でのガードは大事ですね。
 
・第5ラウンド結果:0-1(敗北)
 

 
試行錯誤をしながら戦った初日は、5勝を目指しながら2勝1分2敗の残念な結果に。初日は想定した通りに攻撃パターンがつながらない場合もあり、無駄な箇所にクラブ資金を使ってしまった印象です。その分の資金を必勝パターンに関わる選手の強化にまわしてよかったかも、という反省点を生かしつつ、2日目以降に巻き返していきたいと思います!
 


 
引き続き、モバサカUFCをよろしくお願いいたします!